いわゆる新型コロナウィルスの感染拡大防止についてのお願い

最初にお断りさせていただきます。
今後局面が変化していきますし、日々新しい知見が出されていますので、現時点(2020/03/02現在)での情報と見解であることをご理解ください。

 

当院の患者様・御家族様へ

いわゆる新型コロナウィルスに関する報道が連日つづいております。
様々なところから、様々な情報が出されており、とても混乱されていることと思います。

そんな中、今わたしたちができること、すべきことを考え、発信することにしました。

 

今わたしたちがすべきことは、以下の2つと考えています。

 

①私たち自身と、患者様・御家族様を感染から守ること

②私たちや患者様・御家族様が感染源となって感染を拡大させないこと

 

特効薬がない感染症の場合、何をおいてもまずは予防が大切です。
一番確実な予防法は、マスクを買いに走ることよりも、不特定多数の人との接触を極力避けるということです。

マスクの使用法は、ウィルスに感染している人が、痰や唾を介して、他の人に伝染させないために装着するのが一番効果的です。

デイサービスなどでの感染症の流行状況にも、充分注意を払ってください。

しっかり休息と栄養をとって、体力を低下させないことも非常に重要です。

その上で、手洗いや部屋の加湿などの予防策をしっかりやることです。

当院でも、全職員が、毎日2回の体温測定と、症状の有無をチェックして、私たち自身が感染拡大しないように注意を払っております。

 

もし、新型コロナウィルス感染が疑われる症状が出た場合、不用意に感染を拡大させないように、診察へのご協力をお願い申し上げます。

診察前に、新型コロナウィルス感染症が疑わしいかどうかを、しっかりと問診させて頂きます。

診察前、1時間程度は部屋の換気をしていただき、マスクの着用をお願い致します。

診察の目的は、インフルエンザなどの他の疾患を除外することと、診察をして重症度を判断することです。

現時点では、私たち一般の医師によるコロナウィルスの検査は実施できません。

疑いが強い場合は、行政機関に相談して指示を仰ぎます。

 

感染が疑われる場合には、感染の拡大を防止するために、患者様の同意を得た上で、利用されている介護サービスの関係のみなさまに、情報提供させて頂きます。
ご協力をよろしくお願いいたします。

 

インターネットが閲覧できない環境の患者様もおられるため、下記のような、ぴりり新聞号外を送付させていただきました。

また、厚生労働省の感染防止対策のパンフレットもご活用ください。