新型コロナウィルス騒動 マスク品薄とPCR検査への過剰な期待に喝!

いわゆる新型コロナウィルスに関する話題が、連日のようにマスコミでもネットでも取り上げられていますね。

私たち現場の医師も、情報過多になって困っている状況ですから、住民の皆さんも、きっと、もっと困っておられることと思います。

人間は、情報が少なすぎても判断できませんが、逆に情報が多すぎても、判断できないものなのです。

さて、今回の騒動で、私が思うことを2つ挙げてみます

 

一つは、店頭からマスクが姿を消してしまったこと、そしてもう一つはPCR検査への過度な期待についてです。

 

マスクの配分は部分最適よりも全体最適にすべき

マスクに関して、正しい知識も普及してきていますが、それでも店頭にマスクが無いという現状はマズイと思っています。

マスク使用の目的は、基本的には症状がある人が、唾や痰や鼻水を飛び散らさないように装着することです。

症状のない元気な人、感染者との接触もしていない人たちが、自己防衛のためにマスクを買い占めてしまって、本当にマスクが必要な患者にマスクが行き渡らないのだとしたら…

その患者から次々の他の人にウィルスが広がってしまうことになり、結果として、地域内でウィルスが蔓延することに繫がり、自分自身が罹患するリスクも高くなってしまいます。

 

ここで言いたいことは、目先の自己防衛という部分最適思考で行動するよりも、地域全体でのウィルス蔓延を防ぐために、咳や熱などの症状がある人にこそマスクが行き渡るような全体最適思考で行動した方が、結果として自分にもメリットが大きいということです。

これを実現するためには、住民皆さんが、全体最適思考で行動しないといけません。
マスクが店頭から無くなったことを大々的に報道し、住民の不安を煽り、ドラッグストアに走らせるのは愚かとしか言いようがないと思います。

 

PCR検査があろうが無かろうが、私たちの行動に変わりはない


もう一つ、気になっているのはPCR検査です。
今回の騒動で一気に知名度が上がりましたね。

PCR検査の詳細は割愛しますが、検査というものは、すべからく完璧なものではないということをご承知いただきたいと思います。

 

検査の精度というのは、「感度」と「特異度」によって表現されます。
感度と特異度についての詳細も割愛しますが、そのどちらも100%という検査は存在しません。

つまりは、PCR検査で陽性が出ても、実際にはウィルスに感染していない人もいますし、逆にPCR検査で陰性が出ても、実際にはウィルスに感染している人もいるということです。

そして、罹患率の低い集団で、ウィルス検査を実施すると、間違った判定が出る確率が格段に上がります。

TVなどのマスコミでは、検査の実施数が少ない事が指摘されたりしていますが、やたらめったら検査を実施しても、ニセ患者やニセの陰性者が増えるだけです。

接触歴や症状、他の疾患を否定した上で、充分に新型コロナウィルスに感染している可能性が疑われる状況でこそ、検査の精度が確保できます。

 

もう一つ、検査をめぐる論議の中で、気になる点としては、ワクチンなどの予防法も治療法も確立されてない状況の中で、確定診断をつけたところで、治療への反映はほとんど無いことです。

もし、検査をする利点があるとすれば、さらなる感染拡大を引き起こさないように、本人や周囲へ感染予防策を徹底するよう勧奨できることです。

 

しかしながら、新型コロナウィルスだからといって、特殊な予防策があるかと言えば、そうではなく、一般的な風やインフルエンザなどと、何ら変わらないのです。

ですから、私たちの行動は、普段からしっかり栄養と睡眠をとって、人混みを避け、部屋の換気や部屋の加湿をしっかりして、共用するものは消毒をして、手洗いを徹底するだけなんです。

仮に検査で陽性だろうが、陰性だろうが、検査が実施できなかろうが、熱や咳がある人は、他人に伝染させないように、自宅で静かに療養するのがベストな行動であることにも変わりはありません。

PCR検査にまどわされず、やるべき事をやるべきだと、私は思います。