ブログが書けませんでした

文章を書くことが好きだと自覚してから、頑張ってブログを書いていました。

が、突然、書けなくなりました。

 

なぜかと言いますと、ある一冊の本に、偶然本屋で出会ったからです。

 

「読みたいことを書けばいい」
 田中泰延著

 

タイトルを見ると、カジュアルに文書を書けばいいというような内容を想像するのですが、本の後半にかけて、とても重たい内容でした。

 

私が、一番きつく感じた部分をまとめます。

文章を書く目的は、そのテーマについて人類がどこまでの知見を得ているかを調べた上で、先人の到達点よりさらにちょっとだけ進歩させるため。

ネットに溢れる文章は、既に先人たちが考え尽くして、語り尽くした知識をなぞっているだけだ。

文章を書くということは、調べることが9割9分5厘6毛であり、特に一次情報を徹底的に調べるなきゃならない。

それが、先人たちの到達点を知ることだから。

おっしゃる通りなんですよね。

人類は、そうやって知識や知見を積み重ね、先人の到達点を少しずつ乗り越えて発展してきたのですから。

 

私は、文章を書くことに対してとても大きなプレッシャーを感じてしまいました。

 

そして、文章が書けなくなりました。

 

それからしばらくは、パソコンに向かう気も起きなかったのですが、ふとした瞬間に、そのプレッシャーが解けました。

 

例え先人が、同じような事を考え尽くして、私よりもうまく文章を書いていたとしても、そのままでは、目にとまることもない人たちも沢山いるはずです。

 

同じような事であっても、私が自分の体験を通じて、自分の言葉で発信することによって、人の目に触れることができたなら、それで充分価値があるじゃないかと、開き直ることができました。

 

ということで、ブログ再始動ですので、今後ともよろしくお願い致します。